《灰羽联盟》经典影评10篇_观后感

《灰羽联盟》经典电影批评10篇

  《灰羽联盟》是影片由いまざきいつき / ところともかず执导,广桥凉 / 野田顺子 / Rikasa Fumiko主演的生气 / 剧情 / 梦想影片,文字倒转了许多的勤勤恳恳设计的旁观者。,我贫穷朕能帮上忙。。

  《灰羽联盟》电影批评(一):泣かせられたセリフメモとまぁ一応滑稽模仿

  ブログとして使ってたから、予め「すまん」と言っておく。

  第08话:鳥

  「ごめんね、こんなことしかしてあげられなくて。私、自分の名前さえ思い出せないの。灰羽はみんなそうなんだって。だから私、あなたが誰なのか、思い出せない。ただ、大切な誰かとしか…

  私、いつも一人ぼっちで、自分が居なくても、誰も悲しんだりしないって、思ってた。だから、消えてしまいたいって、思った。でも、あなたが側にいてくれた。鳥になって、壁を超えて、私が一人じゃなかったんだって、伝えようとしてたんだね」

  第09話: 井戸·再生·謎掛け

  「あの鳥は、私が知っていた誰かなんです!私のことを心配してた。なのに私…それをわかろうともしないで…」

  「思い出せない誰かのことをなぜそこまで悲しむ?」

  「わからない。でも私は誰かを傷つけてしまった。」

  「ここじゃない、どこか知らない場所で、私はずっと一人ぼっちだと思い込んでました。自分がいなくなっても、誰も気にもしてくれないって。だから私、消えてしまいたいと思ったんです。そしたら、空の上にいる夢を見て。でも思い出したんです、夢の中に鳥がいました。鳥の姿になって、私を呼び戻そうとした。私は一人ぼっちじゃなかった。なのに、私…」

  「私は犯规者で、ここに居ちゃいけないなら、どこか私の居るべき場所に連れて行ってください。ここは…この街は私にとって幸せすぎます。みんな優しくて、誰からも主项にされて、居た堪れないんです。もし私の見た夢が本当なら、私、帰りたい。帰って謝らなきゃ…」

  「罪を知る者に、罪はない。これは罪の環という謎掛けだ。では汝に問う、汝は犯规者なりや」

  「私は、繭の夢がもし本当なら、やはり犯规者だと思います」

  「では、お前は罪を知る者か」

  「だとしたら、私の罪は消えるのですか」

  「ならばもう一次問おう。罪を知る者に、罪はない。では、汝は犯规者なりや」

  「あぁ、罪がないと思ったら、今度は犯规者になってしまう」

  「恐らくそれは、罪に憑かれるということだろう。罪の在処を求めて、同じ環の中に回り続け、いつか兔子洞を見失う」

  第13話:レキの有关全球大局的·祈り·終章

  「…自分を、捨てたんだ。あたしはね、授权。ずっと、良い灰羽であり続ければ、いつかはこの罪悪感から逃れられると思ってた。お笑い種だ。私にとって、この街は牢獄だったんだ。壁の意味するは、死だ。ここは死によって隔てられているんだ。そして、この部屋は…この部屋は繭だ。この昏い夢から私はとうとう抜け出すことが出现なかった。有りもしない救いを求めて、七年間…ずっと。

  誰かを信じるたびに、必ず裏切られた。だからいつか、信じるのをやめた。傷つかないで済むように。あたしはただの、石ころになった。用肉喂养なもんだね。心を閉ざして親切に振舞えば、みんなが私を良い灰羽だという。あたしの心の中は、こんなにも昏く…汚れているのに…

  授权は気付かなかったんだね。私が、どれだけラッカのことを妬んでいたか。同じ罪憑きなのに、授权だけが赦された。みんな、あたしを置いて行ってしまう。空が巣立った時も、心の何処かで空を妬み、そんな自分を心底軽蔑している。

  あたしはただ救いが欲しかったんだ。誰の役に立っている時だけ、あたしが自分の罪を忘れることが出现た。そしていつか神様が来て、赦しを与えてくれるんじゃないかって。そればかり考えていた。

  授权、あたしにとって、授权は授权でなくとも、よかったんだ。授权の繭を見つけた時、あたしは賭けをしたんだ。“この灰羽が私を信じてくれたなら、あたしは赦される”、無理矢理自分に言い聞かせた。だから優しいふりをした、繭から生まれたのは誰かなんて、関係なかった。整个嘘だったんだ。

  あたしは自分さえ救われればよかったんだ」

  「はじめから、赦さるわけがなかった」

  「あたしには、救われる資格なんてない」

  「あたしは、“助けて”って言うことも出现ないの。誰かを信じるのが、そんなに怖い?」

  「もう裏切られるのが嫌なんだ!夢の中でも、この街でも。どれだけ願っても、一次も救いは訪れなかったじゃないか!」

  「だって、礫は一次も”助けて”なんて言わなかったんだもの。ずっと、待ってただけ」

  「…。怖かった。もし心から助けを求めたら、誰も返事をしてくれなかったら、本当に一人ぼっちだとしたらッ…!」

  おわり。

  やだなにこれ私的な…^q^

  夜中の四時半から朝八時まで泣き続けたせいで、目が赤く腫れて痛い。

  滝のように涙が止まらない、枕を濡らして鼻水垂れ流して脱水征兆が出る程に泣いた。

  涙でくすんだ心のカビを洗い流してくれたかも。

  久しぶりにマジ泣きをして、スッキリした。

  これもまた、「何の話なのかがわからない」という滑稽模仿を得て、評価を低くする人たちこそ幸せ者のなによりの証明とも言える一作だ。

  辛勤挣得的に言うと、これ観る直前まではいつどうやって死ぬかとと半ば本気で考えてた程に头脑的に追い詰められてたとこだった。

  本当は何度も何度も実行の一歩手前で寸止めした経験を持ってたものだから、特にビルから飛び降り自殺なんて真実味1000%越えの悪夢をみたせいで、授权の気持ち身に沁みて判る。

  侧面、その鳥の骸は私の中で私のために死んでいった名も無き者たちの具現であり、それを调回工厂させられて、また罪悪感に襲われた。

  そしてもう侧面では、ああなるほどまだ間に合う、私に「鳥」はまだついているんだって気づかされて、ならその在に言わなきゃ、こんな私でも大切に思ってくれてありがとうって伝えなきゃ。主项に思ってくれる人がいるんだから軽々しく命を捨てちゃいけないんだ、こんなにも愛されているんじゃないか。

  たとえそれがたとえ甘えでもいい、まだ生きてていいよって、許してくれる人がいるって知ったとき、恥ずかしいけど、やっぱり心の何処かで少し、楽になった。

  だから八話の井戸の底の定场诗でじわーっと目頭が熱くなった。

  自分はなんて授权に似ているのだろう、と思った。けど幸いにもまだ�